ISMS(新規) Pマーク(新規)

プライバシーマーク(Pマーク)とISO27001(ISMS)の比較

プライバシーマーク(Pマーク)とISO27001(ISMS)のどちらを取得すべきか?

「プライバシーマークとISO27001のどちらを取得すべきか?」と、よく聞かれます。

まずは、顧客や取引先とやり取りする情報で、何が多いのか、何が重要な情報なのかという観点で考えてください。
このことは大原則で、この原則から外れると、取得後のモチベーションが続きません。

取扱っている重要な情報が個人情報であれば、Pマークをお勧めします。
個人情報は従業員情報くらいしか無く、顧客や取引先とで、技術情報や機密情報のやり取りが多い場合は、ISO27001をお勧めします。

ただ、簡単そうだから、安そうだからという理由だけで、Pマークを選ばないでください。
PマークよりISO27001の方が、簡単で安価になる場合が多々あるからです。

 

プライバシーマーク(Pマーク)とISO27001(ISMS)の簡単な比較は以下となります。

  プライバシーマーク(Pマーク) ISO27001(ISMS)
目的 適切な個人情報の取り扱い(個人情報の取得、利用、委託、提供、安全管理措置、開示苦情対応等) 情報の機密性・完全性・可用性の維持 (情報資産の重要性、リスクに応じた適切な情報セキュリティ)
規格 日本工業規格 JISQ15001:2017 国際標準規格 ISO/IEC27001:2013
日本工業規格 JISQ27001:2014
適用範囲 企業全体 事業所単位、部門単位で可能
管理対象
企業内の全ての個人情報
(従業員情報も含まれる)
適用範囲内の全ての情報資産
(ハード・ソフト・個人情報も含まれる)
更新審査
2年毎 3年毎
維持審査
なし 毎年あり

お問い合わせ

ワークストラストに無料で相談してみませんか?

050-3722-1290

営業時間 9時~18時(土日祝除く)

  • プライバシーマーク(Pマーク)取得・更新ガイド
  • ISO27001(ISMS)取得・更新ガイド
  • ファイルアクセスログ取得ソフト LogZoは業界最安値の2千円
  • プライバシーマーク(Pマーク)・ISO27001(ISMS)教育、点検サービス