運用更新支援サービス|ISO27001(ISMS)取得更新

ワークストラストはISO27001(ISMS)運用更新のご支援を行っています

ISO27001(ISMS)を既に取得された会社様の中には、運用が上手くいかずに、運用が毎年の審査対策だけのISOのマークを維持するための仕事となり、会社にとってコストがかかるだけで、プラスの効果が生み出せないというマイナスのスパイラルに陥ってしまっています。
そのようなことを防ぎ、円滑に効率よく行い、更に管理レベルを改善したいと考えられているお客様を対象としたコースです。

運用更新支援サービス

・共同で年間運用計画を策定します。
・追加で必要になった文書類を提供します。
・年間運用計画に基づくご訪問により、進捗確認及び実施のサポートを行います。
・継続審査及び更新審査の支援をします。

運用が重視される背景

同じISOで、歴史が古いISO9001(品質管理)では、ISOが形骸化している会社が多数発生していることが、審査機関でも問題視されていました。
そして、近年ISOを取得している会社で、品質や偽装の問題が多発したことから、経済産業省でもISOの審査に対して厳格化を求めています。
その結果、ISO27001(ISMS)の運用も、少なくとも外部関係者に対して信頼が得られるレベルで運用し、会社としても、コストに見合った成果を出していかなければならなくなりました。

コンサルティング方針

・規格を尊重した運用
ISOは、規模の大小、異なる業種の会社に適合させるため、最低限の重要なポイントだけが規格の要求事項になっています。その内容も、これまで取得事業者からのフィードバックに基づいて改善されてきています。
特に、運用に関する要求事項は、PDCAサイクルを機能させる事項に特化しており、非常に考えられた内容になっています。そのため、規格を尊重した運用をベースにすることにより、継続的改善に必要な活動を確実に行うことができます。

・運用に必要な知識の提供
現実問題として、確実な運用に必要なISO27001(ISMS)の規格の理解や経験が、ISO27001(ISMS)取得時点では、お客様が十分に持たれていないことが一般的です。そのため、具体的な事例を紹介しながら、規格の文言の解釈ではなく、実際に使える知識をご提供します。
特に運用では、年に1回しか実施しない活動があるため、記憶に頼ることは難しくなります。そこで、円滑に運用するために必要な手順などの整備が重要になっ てきます。