ISO27001(ISMS) 他社との比較

ワークストラストがISO27001コンサルについて、他社との違いをご説明

すでに取得された中小企業様の多くがISO27001(ISMS)について、次のようにおっしゃっています。
「準備段階は大変だった」
「取った後はさらに大変」
「維持や更新審査前は、記録のねつ造で大変」

さらに聞きます。
ISO27001(ISMS)に必要な文書や様式はどの程度作られましたか?
「これです」と言って見せてくれました。
5センチのバインダーに満杯です・・・。

文書や様式はお客様が独自で作成したものではありません。
支援したコンサル会社が提供した雛形がベースになっています。

5センチのバインダーに満杯の文書を渡されたら読む気になりますか?

中小企業様のISO27001(ISMS)はシンプルを追求する。
これが成功の秘訣です。

文書化は最低限にする。「詳細規程」や「手順書」は必須な訳ではありません。

当社の規程は
シンプルなので新規取得時の推進がラクです。
シンプルなので審査対応がラクです。
シンプルなので更新作業がラクです。

ISO27001(ISMS)取得する際は、是非コンサル会社が提供する雛形(規程や様式)のボリュームを比較してみてください。

  当社

A社

B社

C社

D社

文書 冊数 2冊 5冊 7冊 17冊 26冊
文書 全ページ数 25ページ 80ページ 100ページ 150ページ 200ページ
運用様式 種類 17種類 33種類 35種類 29種類 45種類
※文書には規程・手順書・要領等含みます
※2015年11月弊社調査